• HOME »
  • CSR基本方針

CSR基本方針

財団活動としての社会的責任の自覚

 当財団の全役員及び全職員は、財団の社会的責任(CSR)が企業活動そのものであることを自覚し、社会及び事業の持続的発展を図るべく、本取組み方針に基づいて、社会的責任を果たしていきます。

事業活動を通じた社会への貢献

 優れた研究・技術開発を基盤とした事業活動によって、安全かつ良質な製品・サービスをお客様に提供すると共に、豊かで活力のある社会の構築に貢献します。

情報開示とコミュニケーション

 取り巻く多様なステークホルダーとの信頼関係を維持・発展させるため、公正で透明性の高い情報開示を行うとともに、さまざまなコミュニケーションを通じてステークホルダーへの責任ある対応を行います。

企業倫理と人権の尊重

 文化や道徳観、倫理や法体系等が多様であるグローバルな事業環境において、公正で誠実な事業活動を行なうと共に、人権の尊重及び高い企業倫理に基づいた行動を取ります。

環境保全活動の推進

 環境と調和した接続可能な社会の実現に向けて、環境に与える負荷を低減し、限りある資源の有効活用を行います。

社会貢献活動の推進

 良き企業市民として、より良い社会を実現するため、社会貢献活動を積極的に推進します。

働き易い職場づくり

 全ての職員にとって、働きやすい、やりがいのある職場作りに努めると共に、仕事を通じた自己実現や自己成長を図ることのできる、意欲ある職員を積極的に支援します。

ビジネスパートナーとの社会的責任意識の共有化

全ての取引先に協力を求めて、社会的責任意識を共有化し、公正、かつ健全な事業活動の推進に努めます。 私たちは、「コンプライアンス」、「環境」そして「社会貢献」をCSR(財団の社会的責任)への取組みの3本柱と定め、以下のとおり全てのステークホルダー(お客様、地球/地域社会、取引先、職員)のニーズを重視した事業活動を行います。

企業活動としての社会的責任の自覚

 当財団の全役員及び全職員は、企業の社会的責任(CSR)が財団活動そのものであることを自覚し、社会及び事業の持続的発展を図るべく、本取組み方針に基づいて、社会的責任を果たしていきます。

そのために当財団においては、諸経費を差し引いた余剰金は全額下記団体に寄付すると共に、当職員も積極的に、社会貢献活動に参加致します。

・特定非営利活動法人  佐賀県 暴力団・暴走族等離脱支援機構
・特定非営利活動法人  ベトナム枯葉剤被害児支援機構
・国境なき医師団
・ユニセフ黒柳徹子基金
・日本赤十字社
に支援を致します。

2000年3月1日
2011年4月1日
臨時理事・評議総会にて改定 

一般財団法人
九州道路交通公安財団

お気軽にお問い合わせください TEL 0952-45-7860 平日9:00〜18:00
[ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.